四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

農業振興地域で家を建てる

屋久島で農地を買うことは、今それほど難しくありません。
農業委員会に相談すると売りたい人を斡旋してくれます。
不動産屋には頼らないほうがいいです。相場の倍くらいの値段を吹っかけてくるからです。
農業委員会で聞けば相場は教えてもらえます。
農地を売りたい人は結構たくさんいるのです。
ただ、そこに家を建てたいとなると話は変わってきます。
特に原周辺は農業振興地域で、たとえ地目が山林であっても家が建てられないことがあるのです。
ただしどこも家が建てられないかというとそうではなく、建てられない所(青地)と建てられる所(白地)が微妙に入り組んでいます。
青地はまず、農振の除外申請をしなくてはならず、これがとても大変で、許可が下りないことが多いのです。
近くに青地を買ってしまって、家を建てることができず、困っている人もいます。
私の場合、最終的には家を摘み取り果樹園の休憩所として使いたいので、そういう農業施設の名目なら許可が下りるかもしれませんが、この場合、山水は使えず、井戸を掘らなければなりません。
白地の場合、農振の除外がいらないため、すぐに農地の転用申請に進めます。
農業をするために農地の中に家を建てたいという場合は、農地の転用はそれほど難しくないようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。