四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

春一番はモクレンじゃない。

モクレンは、藤野では他に先駆けて咲いて、春の訪れを感じさせる花でしたが、ここではつつじよりも開花が遅いです。
つまりモクレンは、藤野でもここ屋久島でもそれほど変わらない時期に咲き、温度が高いからといって、極端に早く咲いたりはしないようなのです。
たぶんモクレンに春の訪れを告げているのは、温度よりも日長なんでしょう。
P1030410

ここではヒラドツツジに先を越されています。
写真の下の方の濃いピンクの花です。

ヒラドツツジはつつじの中でも開花が遅く、藤野では5月中旬以降だったように記憶しています。
ここでは、ヒラドツツジの開花が一番早く、2月に咲き始めました。
ヒラドは花が大きく、遠くからでもよく目立ちます。
冬のしょぼいハイビスカスより豪華な花が咲いているのを遠目でみて、何が咲いているのかわからず、思わず近寄って確かめてしまいました。
ヒラドツツジは寒さに弱いようです。
藤野では冬に被ったダメージを回復するのに時間がかかってしまうのでしょう。
ここでは、低温のダメージがないため、他のつつじに先駆けて咲きます。
久留米つつじより早い開花です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント