四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

ついて歩く鷺

鷺はだんだん大胆になり、私が近くで作業していても、逃げなくなりました。
そして、私が草刈り機を使うと虫が出てくることを学んだようで、いつもではありませんが、私が草刈り機を使いだすとどこからともなく飛んできて、後をついて歩くようになりました。
はるちゃんのように、私の前に現れることはないので、危なくはありませんが、2、3m後を餌をついばみながら悠然とついてきます。

私が手を休めると、向こうもあさっての方を見ながら、休みます。

1-P1030574-001

「おらおら、早く再開しろよ」って感じです。

関連記事

コメント

    • kita
    • 2017年 12月 24日

    鷺は田圃も耕運機の後をついて行くのを良く見かけます。

    広いから、田圃と同様に耕運機の代わりに人間草刈機の後を追って虫を食べる。

    一人作業は寂しいので応援に来てるのでしょう。

    鳥も喜び人も寂しくない。ウイン・ウインですね。

    • yan
    • 2017年 12月 24日

    鷺は房総でも同じです。

     今日は、姪の子が、京都都大路を走りました。

    • うりこ
    • 2017年 12月 25日

    ついて歩かれるとかわいいんです。
    思わず、危ないよとか、もうちょっと休ませてよとかしゃべっています。

    昨日の駅伝ですね。私も見てました。
    サッカーやラクビーとかだとわからなくて、母が嫌がるのですが、駅伝は分かりやすくて、ご機嫌に見てくれるので助かります。
    テレビをつけたら駅伝だったので、ほっとして、私も掃除をしながら、チラ見していました。
    でも、テレビに映るのは先頭集団とアンカーだけだから、映ってないかもしれないですね。
    都大路を走るのは高校生ランナーの憧れ。すごいですね。

    • うりこ
    • 2017年 12月 25日

    @kita
    鷺じゃない鳥がトラクターの後をついて歩くのは見たことがあります。
    草刈り機で刈るとわさわさ虫がでてくるので、ついて歩くだけのことはあります。
    賢いんですよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント