四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

モッチョムの滝

大雨のあと、少しの間だけ、我が家の真正面のモッチョム岳の巨大な岩に、滝が出現します。
もちろん、大雨の間も滝はあるのでしょうが、降っている時は山全体が雲に覆われていて、何も見えません。
1-P1030769

写真を撮って、パソコンにインポートして、この記事を書いているちょっとの間に、滝は消えていました。

関連記事

コメント

    • レイコ
    • 2019年 3月 22日

    こんにちは、うりこさん。昨日悪天候だったはずなのに、急にお昼ごろから日が差してきて、出かけたんですが、この幻の滝、見ました!(いつもはあそこに、滝ないようなあ。。。)と思いながら運転していましたが、やっぱり!ラッキーでした。

    • うりこ
    • 2019年 3月 22日

    寄ってくださればよかったのに。
    今度お近くにいらしたら、ぜひお寄りください。
    ただ、家から遠い所で作業している時は、いらしたことがわからないので、返事がなかったら、クラクションでも鳴らしてください。

    • kita
    • 2019年 3月 22日

    キレイな風景ですね。

    滝が消えたのは水が無くなったからそれとも霧で見えなくなったと言うことですか。

    いつも見えないということは幻の滝を見たということですね。
    良いことが有りそう。

    • うりこ
    • 2019年 3月 24日

    ここではバケツをひっくり返したような雨がしょっちゅうですから、この滝はそれほど珍しいわけでもありません。
    年間降水量は東京の2倍なのに、年間日照時間はそれほど変わらないのは、ここの雨がドカーンと降って、すぐ止むからだと思います。
    滝が消えたのは、水がなくなったからです。
    滝の上の急な斜面にたまった雨が落ちてきているので、雨があがれば、すぐに水切れします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。