開墾

開墾

エン麦 成長中

屋久島ならエン麦は12月まで蒔けるって言われましたが、12月と言わず、冬中蒔けそうです。 きれいに発芽がそろってぐんぐん成長しています。 最初は、言われた通り、15cm幅ですじ蒔きしていましたが、だんだん幅が広くなって、結局...
開墾

エン麦が発芽

エン麦が芽を出し始めました。 なんせ広くて、手で筋蒔きしているので、最初に蒔いたほうは芽が出始めても、まだ1枚目の畑の半分くらいしか蒔けていません。 機械の偉大さを感じます。 近所のジャガイモ畑なんか、耕起から植え付けまで...
開墾

my小川

小川にかかる橋は、中村重機さんが倒した木を使って作ってくれました。 ただし、この小川に水が流れるのは大雨の時だけで、普段は流れません。 私は水が流れているのをはじめてみました。 さて、今度流れるのはいつでしょうか。 つい...
開墾

ヘアリーベッチ

ペレニアルピーナッツは地上に種ができないため、他の場所に広がる心配がありません。 とはいえ、いったんペレニアルピーナッツが定着した場所を、除草剤を使わないで更地に戻すには、重機を入れなくてはならないかもしれません。 それくらい根っこが強...
開墾

除草

この写真のような小さな芽生えは、鍬で土を動かすことで退治することができます。 もともと耕すことの主目的は、土を柔らかくすることより、雑草の抑制にあるのです。 だから、農家はトラクターで耕した後、鎮圧しています。 ススキや灌...
開墾

同じもので3通りの値段がつく除草剤

浸透性除草剤といえば、ラウンドアップが有名です。 ラウンドアップはモンサント社の登録商標で、有効成分であるグリホサートイソプロピルアミノ塩が41%含まれています。 このグリホサートの特許が2000年に切れたことから、価格が安いジェネリッ...
開墾

土地の伐採と造成が終了

ここが家を建てる予定の場所。 平らで石もないので、本当なら畑にしたいところですが、地目が山林で、道路に近いのはここだけなので、ここに家を建てるしかありません。 ここから伐採造成が始まり、次に道路を挟んで反対側に取り掛かりました。...
開墾

エン麦

伐採が進んでいます。本当に広い。 今までも藤野で2反の畑を耕して来ましたが、あれはままごとみたいなものでした。 ままごとの畑なので化成肥料なんて使う必要がありませんでした。 肥料は主に鶏糞をやっていました。 今度 10反以上の畑...
開墾

草をもって草を制す

屋久島で果樹を育てる時、一番の問題は雑草です。 みんなが草が大変だよっていいます。 だから、ここいらの農家で除草剤を使わない人はほぼいません。 私も多少は仕方がないかと思うものの、年がら年中、除草剤をまくのはいやなのです。 ...
開墾

伐採が始まる。

 1町8反と言っても、地目が畑のところに家を建てるには、面倒な手続きを踏まなくてはならないし、たくさん待たされたあげく、許可が下りないこともあります。簡単に家を建てられるのは山林の部分だけです。一見同じような森に見えますが、畑は放置されてか...