四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

カテゴリー:育てている植物

アセロラの挿し木のコツ

images

今、アセロラのフロリダスイートの苗を、浜名湖グリーンファームさんに作ってもらっています。 「これから作業にかかるので2か月ほどお待ちください。」と言われたので、 「取り木ですか?」って聞いたら、「いいえ、挿し木です。」 アセロラの挿し…

詳細を見る

チェリー オブ リオグランデの殖やし方

p1030008

たいていの熱帯果樹は取り木で増やすことができます。 当然、チェリー オブ リオグランデ も取り木ができるだろうと考えていました。 我が家には、このくらいに育った チェリー オブ リオグランデ が4本あります。 この4本から…

詳細を見る

パパイヤの芽生え

p1030005

ここではパパイヤは放っておいても育つようで、誰が植えたのでもないらしいパパイヤが道端で元気に育っています。 たぶん誰かが捨てたパパイヤの種が発芽したものでしょう。 どうぶちカフェでもらってきたパパイヤの種から、こんなにたくさ…

詳細を見る

柱サボテンの小苗

P1030001

こんなに小さいのに、いっちょうまえに棘があるところが笑えます。 柱サボテンの実はおいしいそうです。 ただし、冬の雨が少ない所でないと、実は付かないようですが。 ということは、世界一(?)雨が多い屋久島で、実がなるはずはない…

詳細を見る

一番おいしいパッションフルーツは何?

P1020978

多くの文献によれば、一番おいしいのは、Passiflora ligularis ということでした。 Passiflora ligularis を育てるのは日本では難しいということでしたが、とりあえずやってみようと思って、種を蒔いてみました…

詳細を見る

買った種より拾った種のほうが芽生えがいい

P1020985

近所で拾った実を蒔いたフトモモが発芽し始めました。 発芽率はとてもいいです。 買った種とは大違い。 買った種の発芽は、よくないです。 ジャボチカバやピタンガなど、種が大きいものは、取り蒔きすれば、ほとんど100%に近いく…

詳細を見る

タイグミが発芽

P1020981-001

発芽に1年かかるはずのタイグミが、あっさり芽をだしました。 1本だけですけれど。 まずいらしいから、ほかしてしまおうかと言ったのが、聞こえたようなタイミングです。 せっかく芽を出してくれたのだから、大事に育てるつもりです。 …

詳細を見る

熱帯のグミはまずいらしい。

Elaeagnus_Latifolia_016

熱帯産のグミ Elaeagnus latifolia はタイグミと言われてときどき苗がインターネットで売られています。 日本産の夏グミ Elaeagnus multiflora の園芸品種 ビックリグミよりも粒が大きく、見た目はとても美味…

詳細を見る

パッション拾い

P1020938

パッションフルーツは屋久島の気候にとてもあっているらしく、農家も作って出荷しています。 家庭の庭にもたくさん植えられています。 こんな風にしわが寄ったころが食べごろです。 左がプロが作ったもの。傷やすれがありません。 右が家…

詳細を見る

フトモモの種を蒔く

P1020931

ここの人たちはホウトウと呼びます。 沢沿いに生えていることが多く、足場が悪いところによく見かけます。 危険を冒してまで取って食べるほどおいしくはないということで、ほったらかしにされています。 英名はrose apple …

詳細を見る

最近のコメント