四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

カテゴリー:ベリー園準備編

やっぱり雑草に追われた3年目の夏

komikanso

昨年悩まされた木の芽生えはなくなりつつあります。 ただ、こんな雑草あったっけという雑草に悩まされています。 それほど丈は高くならないので、昨年は見落としていたようです。 例えば、コミカンソウ 開けた土地に生える熱帯系の雑草で…

詳細を見る

芽吹かない落葉果樹

モッチョム岳の新緑が、裾野から這い上がり、頂近くに達しても、硬い芽がそのままの果樹がいくつかあります。 アロニア、ジューンベリー、カシスです。 いずれも寒い地方原産の落葉小果樹です。 ダメかもしれないと思ってはいたのですが、それでもガ…

詳細を見る

ピタンガ、再び満開。

1-P1030765

さすがに2月初旬の開花は早すぎたようで、実はなりませんでした。 沖縄でも4月にならないと実がならないようですから、この開花は早すぎです。 というわけで2度目の満開です。 今までも実をつけていた接ぎ木のものだけでなく、実生の木も…

詳細を見る

ブルーベリーロード

「亜熱帯に来たんだから、ブルーベリーなんて...。」 と思っていたのですが、やっぱり植えることにしました。 結局、相模原でお気に入りだった手間いらず果樹のほとんどを植えてしまいました。 キウイ、ヤマモモ、ジューンベリー、ブルーベリー、…

詳細を見る

アセロラ園を作ろう

アセロラ苗を種子島のTAP農園から50本ほど導入しました。 TAP農園さんによれば、アセロラは地植えにしてしまうと枝葉ばかり茂って花が咲かないということでした。 ポット栽培かあ。水やりたいへんだろうなあ。 農業用水の取水口のそばにしか…

詳細を見る

野草グランドカバー、今年こそ

昨年の今頃は、雑木の芽生えを抜くことに追われていました。 そして家に近い所を抜いているうちに、梅雨になり、梅雨が明けたら、家から遠い部分は林になっていました。 秋口からこの林を伐採し、芽吹いてきたところに除草剤をかけて、今までかかってや…

詳細を見る

ピタンガ満開

1-P1030755

ピタンガが花盛りです。 移住前、鉢植えの時は、この時期にこんな風に咲いていましたが、真冬ですから、以前住んでいた所では氷点下5℃を下回っていました。 当然、鉢は家の中で、受粉をしてくれる虫もおらず、実はパラパラしかなりませんでし…

詳細を見る

パパイヤは簡単

1-P1030748

これは10月に撮った写真です。 未だに色づいては来ないので、収穫はもう少し先になりそうです。 このパパイヤは、近所の喫茶店で食べたパパイヤの種を蒔いたものです。 凄くたくさん苗ができたのですが、丈夫だからと言われて、相当乱…

詳細を見る

アセロラは根域制限が必要

種子島でアセロラを栽培している人から、苗を購入しようとして電話しました。 そうしたら、「地植えでは実がならないよ」っていわれてしまいました。 確かにここでアセロラを育てている人は、「木は育つけれど、実はあんまりならない」って、言っていま…

詳細を見る

イヌビワは難しい

1-P1030723

育てるのが難しいわけではありません。 ここでは5強には入らないものの、それなりに手を焼く雑木ですから。 ツタなんかがからまってひどい状態でも実をつけています。 雑木だから、全部除草剤をかけてしまうつもりだったのですが、…

詳細を見る