四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

透湿防水シート

ずっと見ているので、家づくりに詳しくなりそうです。

屋根の後はドア枠や窓枠が設置されました。

その後は何かと思っていたら、透湿防水シートでした。
内部結露を防ぐために、壁内に侵入した湿気を外側に排出できる透湿防水シートを張り、その外側に通気層を確保してサイディングを張るというのが、今の一般的な工法のようです。
透湿防水シートとサイディングの隙間を金具で開けるやり方もあるようですが、我が家は従来通り、胴縁が使われていました。
p1030163

最近は透湿防水シートに遮熱効果を持たせたものがあるようです。
透湿防水シートの本家デュポンのタイベックシルバーが有名ですが、高いそうで、我が家のは国産で、フクビの遮熱エアテックスというものでした。コストパフォーマンスに優れた製品のようです。

この透湿防水シート張りに結構な時間がかかっています。
あらかたは1日で張り終わったのですが、細かい所にきちんと張っているので、仕上げに時間がかかっているのです。

戸袋の所に胴縁がないので、ここはどうするんだろうって、思いながら見ています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント