四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

猫穴

この家は網戸が1か所しかありません。
建具も木製で、閉めて置いても風が入るくらい隙間だらけなので、網戸はいらないってことでしょうか。

隙間といえば、引越して来て一週間くらいの間、猫のこななが家の中に見当たらないことがありました。
まだ引越しのダンボールが片付けられていなかったので、ダンボールに潜っているのだろうと思っていました。
ところが、わんこのはるちゃんを散歩に連れて行こうとして外に出たら、そこに家のこななにそっくりな猫がいるのです。目があったら、その猫は一目散に家の床下に滑り込みました。こななは私が気づかなかった隙間を抜けて、外に出ていたのです。驚いて散歩を止めて、家の周りを見てみると、外から床下に入れる隙間が三箇所空いていて、そこからこなながこっちを見ているのです。これじゃあこななが出入りするだけじゃなく、野良猫も入り込むかもしれません。
石や木切れでこの穴を塞いでから、家の中をくまなく探すと玄関の脇に床下に入れる大きな隙間がありました。

こんなに隙間だらけなのに、蚊やハエ以外の昆虫、例えばヤスデやムカデに家の中で遭遇していないのは、返って驚きです。
建てこんでいる所なので、ヤスデやムカデが少ないのかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。