四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

棟上げ

始まってしまうと速いって言われてましたが、基礎から始まって棟上げまで2週間ちょっとしかかかっていません。
それ以前に、電気や水道の工事は入っていましたが。
p1030150

いろいろ考えていましたが、結局ごく普通の家になりそうです。

ここでは床を高くするのが一般的なので、通常より基礎を高くしました。
床下の換気は、今は基礎パッキンを使って、喚起窓を作らない工法になっているようです。
窓をつけないため、基礎工事が簡単で、窓の部分から亀裂が入ったりすることがないのが利点なんだそうです。

亀裂を入れないように窓を作る技が、要らなくなったわけです。

外に張るサイディングも、以前なら後から塗ったので、いろいろな色の家が可能でしたが、今は塗らない張りっぱなしのサイディングがほとんどだそうです。塗るとその手間の分が高くつくと言われました。
道理で同じような外見の家が増えているわけです。

外壁を塗る仕事もなくなったわけですね。

木材は工場でプレカットだし、現場の手間をいかに省くかで、工賃を安く上げる方向へ、家作りは進化しているようです。

始まってしまうと速いよというセリフの後に、以下のセリフを続けた人がいました。
「今の家は、でっかいプラモデルみたいなもんだからよ。」

プラモデル作り、ただいま進行中。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント