四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

床材のデザイン性と強度

クロス屋さんは、サンゲツか東り、タジマの製品以外は使いたがりません。シンコールというメーカーはデザインが斬新で使いたいものがたくさんありましたが、弱いと言われて却下されました。

フロアタイルではなく、クッションフロアにすれば、デザインもさらに豊富ですが、これも弱いと言われました。
私が使いたかったシンコールのクッションフロアです。

rycf-si-s1601_sh1

ダウンロード (2)

床材はデザイン性と強度が逆比例するようです。
「トイレと洗面所は一番頑丈な長尺シートにしてください」と言われて渡された東りの長尺シートカタログには、「文句あるか。丈夫なんだぞ。」みたいなものしかなく、永久的にもつってうたってありました。しかたがないのでその中から選びましたが、私は永久に生きることはないんですけどねえ。

サンゲツのカタログなら結構使いたいようなデザインがありましたが、厚さがフロアシートと合いませんでした。サンゲツって面白い会社ですね。なんでフロアシートと長尺シートの厚さを変えるんでしょう。同じメーカーなのにいっしょに使うことができないなんておかしくないですか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント