四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

マヤンスピナッチ

英語圏の人たちには、青い葉野菜はすべてホウレンソウに思えるらしく、なんたらかんたらスピナッチという野菜が多数あります。
日本でおなじみのものもあります。例えばモロヘイヤは、エジプシャンスピナッチ。ツルナはマルバラースピナッチ。
ここいらでは雑草と変わらない水前寺菜はオキナワンスピナッチです。

この〇〇スピナッチはどれも丈夫で、夏の暑さにびくともしませんが、霜が降りるようなところでは越冬しません。
ツルナも地面が凍らなければ、越冬する宿根草です。モロヘイヤはどこで作っても1年こっきりですが。

もちろん、ツルナや水前寺菜も作る予定ですが、珍しい〇〇スピナッチも作りたくて、まずマヤンスピナッチをアメリカから取り寄せました。挿し木で増やすもので、アメリカから送られてきたのは、木の枝でしたが、数日で新芽が芽吹いてきました。
p1030042

1本あれば、一家族の青菜は十分ということですが、30本くらいありそうです。
文字通り、売るほどできそうです。

まだ根はでていないでしょうが、もう10日もすれば、根が出るでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。