四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

ペレニアルピーナッツの種が買えない?

 畑が買えそうになった6月ごろ、USAのtropical seedsにメールを入れて、屋久島の気候でペレニアルピーナッツが育つかどうかを問い合わせました。この時は翌日には返信があって、「よく育つはず。1ヘクタールあたり10kgの種が必要だから、すぐに送ろうか」という話でした。でも、この時はまだ、畑が買えそうだというだけで、まだ自分のものになっていませんでした。しかも地目は畑だけれど、現状は山林で、とても種がまける状態ではなかったので、時期が来たら注文するので、少し待ってくださいと返信しました。
 それから2か月半、種がまける状態になったので、メールを入れたのですが、何度メールしても返信が返ってこないのです。個人の場合、メールは見落としもあると思われますが、会社でこんなにメールが返ってこないのは初めてです。
他に欲しい苗とかもあったので、この際一気に輸入してしまおうと思って、シアトルの個人輸入の代理店にお願いして、電話も入れてもらったのに、電話にも出ないそうです。倒産しちゃったんですかねえ。
 ホームページはこんなに立派なのに。
tropical seeds

final

 この会社以外にも種を売っている会社はあります。だた、値段がとっても高いのです。もう一回試みて連絡が取れないようだったら、高くても別の会社で買わざるを得ません。

 tropical seeds をあてにしていたので、他の種の販売会社については調べていませんでしたが、調べてみると種を売っている会社は案外少ないのです。ハワイ大学やフロリダ大学では、ペレニアルピーナッツの利点について、宣伝しているようですが、USAではメジャーではないようです。日本と同様、USAで霜が降りない所は少ないですから、使えるところが限られるってことでしょうね。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント