四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

ペレニアルピーナッツの挿し芽は簡単

草刈りの時に、間違ってちぎってしまったペレニアルピーナッツを地面に埋めてみました。
その日はカンカン照りだったのに水もやらなかったので、挿し芽はすぐにしおしおになってしまいました。
さすがに無理だなと思ってそのまま忘れていましたが、この間ふと見たら、なんと根付いているではありませんか。

こんな簡単に根付くのならということで、昨日再び何か所かに挿し芽してみました。
昨日は曇っていたし、これから先も雨が続きそうなので、間違いなく付くと思います。

森だったところは、雑草の種が少なくて、うっかりツルソバをのさばらせてしまった所を除けば、野草の草地になりつつありますが、最近まで果樹園地だった場所とツルソバをのさばらせてしまった所は、除草剤の助けが入用なようです。除草剤で徹底的に除草して、ペレニアルピーナッツを挿し芽しようと思っています。
なんせ広いですから、全部をペレニアルピーナッツで埋めるにはずいぶんかかると思いますが、やれそうな見込みが出てきました。

関連記事

コメント

    • kita
    • 2018年 7月 04日

    ペレニアルピーナッツうまく育つといいですね。

    雑草の下草よりも簡単そう。雨が続くので雑草の生育に閉口してます。

    • うりこ
    • 2018年 7月 04日

    ペレニアルピーナッツは霜が降りるところでは冬地上部がなくなりますが、氷点下8℃くらいまでは大丈夫のようです。
    そちらでも育つのではないでしょうか。
    こちらで挿し芽による圃場整備がうまくいったら、お試しになりますか?

    • kita
    • 2018年 7月 08日

    挿し芽が上手く行くことを期待してます。

    冬は地上部が枯れても、マイナス8度までなら大丈夫です。
    (過去は一昨年のマイナス7度、いつもはマイナス3-5度が最低です)
    それでも露地植えで20品種ほどバナナが育ってます。

    梅雨に入って雑草が伸びるのに閉口して、広場にするところには芝を買ってきて植えてみました。
    芝刈りは面倒だと思ってましたが、芝より雑草を刈るのはもっと面倒なのが分かりましたので。

    ペレニアルピーナッツ期待してます、ぜひ試してみたいです。

    • うりこ
    • 2018年 7月 08日

    こちらはそろそろ梅雨明けの気配です。
    梅雨明け直後は、屋久島でも雨が降らず土がパラパラになるので、この間に徹底的に除草して、雨の様子を見ながら挿し芽を始めたいと思っています。
    だから早くても挿し芽の開始は,8月に入ってからになると思います。
    うまくいきそうなら、挿し芽のポット苗を作って、お送りします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。