四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

パッション拾い

パッションフルーツは屋久島の気候にとてもあっているらしく、農家も作って出荷しています。
家庭の庭にもたくさん植えられています。
こんな風にしわが寄ったころが食べごろです。
P1020938

左がプロが作ったもの。傷やすれがありません。
右が家庭菜園のもの。傷だらけ。
ただし、味は家庭菜園のもののほうがおいしかったりします。
露地物だからでしょうねえ。味が濃いです。

なんで手間とお金をかけて、形だけ整えなければならないのか理解に苦しみますが、出荷するとなると傷は致命的のようです。
傷を防ぐためには、屋根かけして風を防ぎ、完熟しても地面に落下しないようにこうします。
DSC04678

一つ一つにネットをかけて落下を防ぐなんて大変な手間です。
パッションだけでなく、マンゴーも落下を防ぐためにネットをかけます。

こんなことしているのは日本だけじゃないのかなあ。
台湾とかではやってるかもしれないけれど、それ以外の国々では、パッションやマンゴーは拾うもののようですから。
日本や台湾ではこれらの果物は贈答品なんでしょうね。

パッションの種も蒔いたけれど、まだ芽はでません。
私は、露地栽培で、拾うほうで行きたいと思います。

関連記事

コメント

    • gt_2
    • 2016年 8月 30日

    blogへのご訪問ありがとうございました。
    地植えのパッションフルーツ拾いができるとは、良い環境に引っ越されましたね。
    これならいろいろな熱帯果樹を植えられますね。記事を楽しみにしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント