四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

コナスビ VS ヒメキランソウ

圧倒的にコナスビの勝ちです。
ここは、ヒメキランソウが多かったはずなのに、あっという間にコナスビに覆われてしまいました。
P1030458

大きくなって少し立ち上がってくれば、対抗できるかもしれませんが、小苗の時は、相当保護してあげないとヒメキランソウは負けてしまうようです。

ヒメキランソウの強さといったら、踏み固められた地面でも発芽できることですかねえ。
他には苔しか生えないようなところでも健気に芽を出します。
だからユンボで固めてしまったところは、他の所に比べてヒメキランソウの子苗が多いです。
ツボクサも多いですが。
こういう所には今、手を焼いているベニバナノボロギクはあまり芽生えてきません。

固めてしまったので、硬くなっていますが、土自体は悪くありません。
エン麦を蒔いたところは結構固い所と柔らかい所がありましたが、育ちはどちらも変わらず、成長には、土の硬さより土の質のほうが、大きな問題のようでした。

踏み固めてしまった所は、耕起して緑肥を撒こうと思っていましたが、しばらくそのままにして様子を見ることにしました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。