四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

ココナッツに挑戦

通常の背の高いタイプのココナッツは、純粋に熱帯でなければ育たないようで、実がなるのは台湾の南部まで、沖縄でさえ難しいと言われています。

しかし、矮性のタイプは、結構耐寒性があることがわかってきました。
冬を越すだけならば、オーストラリアのクイーンズランド州以南やフロリダ中部でも大丈夫みたいですが、
実をつけるとなると、オーストラリアのブリスベンでの例が限度で、それよりも寒い所では難しいかもしれません。

ということは沖縄なら楽々でしょうが、ここ屋久島はぎりぎりでアウトかもしれません。

しかし、やってみる価値はありそうということで、2個だけ注文してみました。
とりあえず鉢植えで、12月半ばからは、夜間は家に取り込もうと考えています。
p1030110

矮性のココナッツは実は小さいですが、豊産性です。
dwarf-coconut-390

低い所で実がなるため、収穫も楽で、tall type が楽々育つ農園でも、dwarf type に切り替える動きもあるようです。

ココナッツのお刺身は、おいしいようです。
ここで実れば、食べられますけどねえ。

関連記事

コメント

    • kita
    • 2017年 1月 22日

    ココナッツ 頑張って育ててください。
    そちらで育てば、私も挑戦してみたいな。とっても興味があります。

    • うりこ
    • 2017年 1月 23日

    とりあえず今のところは成長は止まっていますが、弱っている様子は見えません。
    冬は越すと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント