四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

アフィリエイト・・作られる評判

はるちゃんは丈夫な奴で、アレルギーなんかないし、お腹も丈夫で、下痢も便秘もしません。
だから、ドックフードも手に入りやすいものをあげていました。

ただ糖質制限をはじめてから、もともと肉食の犬に穀物が入ったドックフードをあげるのはどうかなあとは思っていました。

きっかけは、西友ドットコムの撤退です。
生鮮を除くすべての食品、日用品が激安で、長らく愛用してました。
ドックフードも西友ドットコムにあるものから選んでいたのです。
スーパーにあるドックフードは売れ筋商品ですから、穀物を使っていないグレインフリーのフードなんかありません。

だから、こういう特殊なものはネット通販で買うわけです。
ネットで調べるとグレインフリーのフードで一番人気はこれでした。
B00GRJ3AIW.01-940272254.PT03.LXXXXXXX

amazonでも扱っていますが、カナガンの公式サイトの方がずっと安かったので、そこで買ってしまおうと思ったのですが、amazonの口コミで、最低の評価1が多すぎるのが気になりました。
口コミの数が多くなれば、どんなに良いものでも満点の評価は付きません。
訳が分からない理由で最低評価1をつける人が出て来るからです。
ただ、そういう人はそんなに多くはないので、良いものの評価の分布は、5>4>3>2>1で、だいたい5と4に固まるきれいな分布になるものです。
カナガンの評価は、1が5と同じくらい多いのです。
これは「何かあるな」と思いました。
そこで、コメントの内容を調べてみた結果、カナガンをはじめとするおすすめドックフードの上位は、アフィリエイターの報酬が上位だったのです。
つまり評判は作られたもので、上手に作られた広告だったわけです。

いっきにカナガンを買う気が失せました。
ネットの評判を鵜呑みにしてはいけないんですね。気を付けなければ。

こういう広告がまかり通るってことは、ドックフードは価格の開きに見合った効果がわかりにくい商品なんでしょう。
とりあえず、カナダの老舗のメーカーのグレインフリーフード、アカナを買いましたが、グレインフリーはどれも高いです。
それだけの価値があるのかどうか、???で、迷いは払しょくできません。

関連記事

コメント

    • kita
    • 2018年 1月 24日

    わんちゃんの食べ物選定も大変ですね。

    子供の時に買ってもらった犬(スピッツ)には食事の残り物を上げてました。
    今のように、ドックフードを売っていたかも分かりませんが。

    世話が悪く数年で死んでしまった思い出があります。
    それに比べると今の犬は幸せかもしれませんね。

    今日は寒いです。最高気温が3度予定。九州とは思えない。

    きっと、そちらはもっと暖かいと思います。
    暖かいところに行きたいな。寒さが身にしみるこのごろです。

    • うりこ
    • 2018年 1月 25日

    私は自分が丈夫なせいもあって、添加物なんかはあまり気にしません。気を付けるのは糖質だけです。
    なんせ20年来の境界型糖尿病ですから。だからわんこも糖質はよくないかと思うのですが、考えすぎかもしれません。
    こちらも昨日は晴れている割には寒かったです。13℃くらいでしたかねえ。
    今朝の温度は、5℃を割りませんでした。今は7℃くらいありそうです。
    この冬一番が出るのは、昼が雨で、夜中から明け方にかけて晴れてしまったときです。
    確かに暖かいです。ありがたいことです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。