四季トロピカルベリーが実る庭を目指して

たぶんシークァーサー

p1030202

原集落の古い家には、これが植えられています。
我が家にもあります。
ここまで熟せば酸も抜け、食べようと思って食べられないことはありませんが、ポンカンやタンカンなどおいしい柑橘がたくさんある中で、こんなものを食べる人はいないでしょう。

隣のおばあさんに聞いたら、「種取の木」と言われました。
つまり、タンカンやポンカンを接ぎ木する台木にこれを使うらしいです。
柑橘の台木の定番であるカラタチは、ここでは使われないようです。
沖縄では柑橘の台木には、シークァーサーを使うようなので、ここでもそうなのかなあと思います。
確信は持てないけれど、たぶんシークァーサー。

もう少ししたら、この種を蒔いて、台木を育てようかと思っています。
発芽には結構時間がかかるようです。

関連記事

コメント

  1. シィクァーサーの樹は防風垣にして青い果実をジュース飲料にした方が良いですネ!
    沖縄ではゴマダラカミキリの幼虫被害に要注意です。

    • うりこ
    • 2017年 1月 15日

    カミキリの被害は屋久島でも甚大です。
    根元をきれいにして、よく注意するしかないですかね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。